女「こう寒いと、手を握りたくなってしまうね」

女「こう寒いと、手を握りたくなってしまうね」

1 :以下、VIPがお送りします:2022/01/07(金) 23:43:11.56 ID:F6C+/WMl1
男「握るな」

女「ふふ、それはボクの勝手さ」

男「俺の都合も考えろ」

女「じゃあ君の息子で我慢しよう」

男「余計意味がわからん」

103 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 00:04:54.99 ID:SgQ63/wl2

女「……」

 ヤツは笑顔を作りながら。

 いつもより少しだけ、眉が下がっているように見えた。

男「……でも」

 何も考えずに言葉が先走る。

男「聞く。……聞いてやる」

139 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:16:44.96 ID:SgQ63/wl2

男「お前と付き合う話」

女「それはもう無しでいいよ」

男「なんで」

女「ボクの好きと君の好きは、違うみたいだから」

男「……」

女「さっき、好きって言ってくれて嬉しかった。でもそれはきっと友達としての好きだ」

 だから。

女「君とボクは付き合えない」

54 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:23:32.11 ID:6ltCoASyQ

男「オーソドックスなのしかしてこなかったな」

女「正常位」

男「……あ、でもソリティアはハマって、よく一人でやったりもした」

女「自慰」

男「……あんまり大人数でやってないかもだな。妹とばっかりしてたな」

女「近親相姦」

男「言葉を選べバカ!!!」

 あまりにも酷過ぎるだろ!

136 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:09:36.29 ID:SgQ63/wl2

 ヤツのことは、中学の頃から知っている。

 隣の家に越してきて、気づけば一緒にいた。

 ほとんどいつも一緒にいた。

 そんなヤツがどこに行くかくらい。

 俺には簡単にわかる。

81 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 20:41:32.21 ID:6ltCoASyQ

 久しぶりのトランプに謎の前のめりな姿勢を見せていた俺も。

 少し疲れが出ていた。

 そりゃ二時間もやったらそうなる。

 なんか簡単にできるものはないか……。

 ヤツは変わらず笑ってやがる。

男「うーん……そうだな」

131 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:54:36.09 ID:SgQ63/wl2

>>130
×男「帰ったんじゃなかった」
〇男「帰ったんじゃなかったか……?」

98 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 23:46:37.18 ID:9jroxEOf4

男「トランプで負けたら何をするんだった?」

女「負けを認める?」

男「それはそうだ。じゃなくて」

女「絶対服従する?」

男「そんなことは一度も言ってない」

 というかなんだそれ。どっから出たルールだ。

34 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 21:02:13.47 ID:34UtMuzM0

女「ねえ、言ってみてよ」

 なんだそのキラキラした目は。

男「尿だろ尿!」

女「違うよ、ボクが思っていたのは精――」

男「それ以上はよせ」

 どういう話からそうなるんだ。

94 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 23:03:35.72 ID:6ltCoASyQ

男「か、勝った!!」

女「最後の最後に運が味方してくれなかったなぁ」

男「いや、でもこれは凄い戦いになったな」

女「うん。熱戦だったね」

 急に緊張の糸が切れる。どれほど時間が経っていたのだろう。

 これまでの道のりは決して楽ではなかった。

 しかし今、その茨をかきわけて勝利を手にしたのだ。

146 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:27:29.38 ID:SgQ63/wl2

男「何やってんだよ……ほら」

女「なんだい?」

男「俺の羽織れ。少しはマシだろ」

女「君は?」

男「さっきまで羽織ってたんだ、大丈夫」

女「……ありがとう」

 上着を脱いだ瞬間。

 めちゃくちゃ寒いことに気づく。

86 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 21:25:18.01 ID:6ltCoASyQ

女「一発でデキるかな?」

男「何がだ」

女「ふふっ……もう二時間もやっているしね」

男「そ、そうだけど」

 1回だけで勝負が決まるって。

 とんでもない重圧だぞ。

女「おや、秘密を言うのが怖いのかな?」

 煽ってくるじゃねえか。

男「……やってやろうじゃねえか」

女「ふふ、声が一瞬裏返ったよ?」

 クソ、落ち着け俺よ。

142 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:22:19.77 ID:SgQ63/wl2

女「……」

男「部屋を出る時の顔が気に入らなかった」

 好きな人の悲しい顔は見たくない。

男「俺はお前に、いつも笑ってて欲しいんだ」

 俺のせいで笑えないなら。

 それごとぶっ壊すしかない。

149 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:32:11.25 ID:SgQ63/wl2

男「……」

女「いい?」

男「好きにしろ」

女「ありがとう」

 そう言って。

 ヤツは俺の手を握った。

女「あったかい」

男「つめてぇ」

女「あはは、仕方ないよ」

79 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 18:36:26.16 ID:6ltCoASyQ

男「次の罰ゲームは?」

女「うーん、そうだなぁ」

 今のところ、一切被らない罰ゲームを提案し続けている。

 これに関しては凄いと言わざるを得ない。

女「じゃあ、『自分の秘密を一つ言う』ってのはどうだろう」

男「……秘密」

 脳裏にエロ本が浮かぶ。

女「ダメかい?」

男「いや、いいだろう」

 負けっぱなしの俺だったが。

 これは勝たなくてはならない。

109 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 02:00:03.74 ID:SgQ63/wl2

 珍しい表情だ。

 少し、曇ったような表情。

 そして何より。

 ペラペラと喋る口が。

 全く動いてないのだから。

女「んしょ」

 ゆっくりと、俺の対面に腰を下ろす。

97 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 23:37:55.05 ID:9jroxEOf4

男「おいおいおい」

女「めいめいめい」

 甥じゃねえ。

男「何か忘れてないか?」

女「色んなトランプ遊びを教えてくれてありがとう」

 いや、礼でもねえ。

127 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:41:26.94 ID:SgQ63/wl2

男「……ふぅ」

 静かになる。

 さっきまでも静かではあったが。

 圧倒的な沈黙だ。

男「……どうしろというんだ」

 ベッドに倒れ込む。

 あんな表情をしたヤツは初めてだ。

76 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 15:27:14.81 ID:6ltCoASyQ

男「また負けだ! なんなんだ!」

女「ははは、ボクって運が良いんだね」

男「確かにほぼ運ゲーだが、こうも勝てないと悔しいぞ」

女「確かに、ほとんどボクが勝ってるね」

 これまであらゆるゲームをやって15戦3勝12敗。

 勝てた3勝はヤツがルールをしっかりと理解できていない緒戦だったからだ。

 運も絡むゲームが多いのは確かだが、負けまくりだ。

 ビギナーズラックだとしてもあんまりだ。

120 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:00:06.61 ID:SgQ63/wl2

 こうなったら。

 俺から話すしかあるまい。

男「さっきの秘密だが」

女「うん」

男「どういうことだ」

女「君のことが好きだってことだよ」

 いや、それはわかる。

52 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:14:44.97 ID:6ltCoASyQ

 まあ別に。

 多少やかましいヤツと。

 それほど喋らない俺は。

 話し手と聞き手でちょうど良いのかもしれない。

 ヤツの話すことは――少々下品な話が多いが――不愉快なことは絶対に言わない。

 誰かの悪口とか、そういうネガティブな内容はゼロだ。

 だからこそ、バランスが取れているのかもしれない。

女「さっきのボクが透視能力があったら、君はもうスケスケだったね」

男「……」

55 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:27:24.41 ID:6ltCoASyQ

女「罵られた」

男「全部変な言い換えするからだろが!」

女「興奮した」

男「罵られて!?」

女「うんっ♪」

 弾むような口調で言うな!

145 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 23:26:04.19 ID:SgQ63/wl2

男「お前、そんな薄着でここまで来たのか?」

女「うん。君の家からそのままここに来たからね」

 ってことは。

 結構時間経ってんじゃねえか。

女「だから君に気づかれないようにしていたけれど」

 身体が小刻みに震えだす。

女「とっても寒いね」

 そりゃそうだろ!!

62 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 02:09:54.83 ID:6ltCoASyQ

女「お邪魔します。わぁ、ちゃんとイカくさい」

男「やってねーし臭くねえよ」

女「何を?」

男「うるせえ、あとゴミ箱見るな」

女「何もない……袋新しくしたのかい?」

男「だからやってねーって言ってんだろ!」

女「だから何を?」

 うぜえ!

49 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:06:57.16 ID:6ltCoASyQ

男「もういい。喋っていいぞ」

 その言葉に、ヤツはニコッと微笑んだ。

 ゆっくりと前傾姿勢をやめ、普通の体勢に戻る。

女「あはは、待てをされた犬みたいだ」

男「なんだそりゃ」

女「実はもう、喋りたくてたまらなかったんだ」

男「そうかよ。で、なんだったんださっきのは?」

女「ふふ、なんだろうね」

 一番不気味な答えじゃねえか!

18 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 01:09:51.16 ID:34UtMuzM0

女「君は?」

男「まあ一緒に帰ってんじゃねえかな」

女「そうか」

 ヤツは何も変わらない笑顔を見せた。

女「なら、別のクラスになっても大丈夫だね」

男「あくまで例えばの話だろ」

女「だとしてもだよ。ボクは少し不安だったから」

 なんで不安になる。

130 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:51:00.62 ID:SgQ63/wl2

男「帰ったんじゃなかった」

 呟いて、少し跳ねた髪を撫でる。

男「……部屋にいないだけだよな」

 きっとそうだろう。

 そう、思い込むことにする。

7 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:18:01.34 ID:34UtMuzM0

男「なんのつもりだ」

 手を大きく広げてやがる。

女「こうなったらやることは一つだろう?」

男「わからん」

女「本当に?」

男「わからんわからん」

58 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:46:28.58 ID:6ltCoASyQ

男「普通に言え!」

女「室内用の玩具での遊び方を教えてください」

男「おい!」

 ……いや合ってるのか。

 トランプ=室内用の玩具。

 いやいや、誤解を生むだろうが!

4 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:03:58.22 ID:34UtMuzM0

 このテンションになっちまうと、もうどうしようもない。

 ヤツが満足するまで、こういう話の展開だ。

女「それにしても、冷えるね」

男「そうだな」

女「まるでくっついて歩けと言われているようだね」

男「またそれか」

 話が戻ってるぞ。

83 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 21:04:04.72 ID:6ltCoASyQ

女「ルールを教えてもらえるかな」

男「まあ簡単に説明すると」

 先ほど出したハートの「1」に、もう一枚山札の上から引いたカードを裏にして横に置いた。

男「このカードが、今出てるハートの『1』より上か下かを宣言する」

女「ふむふむ」

男「今回はわかりやすく『1』は最弱のカードでやろう。ってことは一番弱いカードになるから、『上』だな」

 裏にして置いたカードを表側にする。

 クローバーの『4』。

男「『4』。『1』より上の数字だから、成功ってことになる」

女「なるほど。じゃあ、最強は『13』になるのかな?」

男「その通り」

13 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:50:01.62 ID:34UtMuzM0

 助けて損した気分だぞ。

女「ふふっ、君がいてくれたおかげで転ばずに済んだ」

 体勢を立て直して、俺のそばから離れる。

女「ありがとう」

男「へいへい」

女「お礼は身体でするよ」

 せんでいい。

17 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 01:08:38.80 ID:34UtMuzM0

男「想像ねえ」

 のんびりと考えてみる。

 まあ例えばの話だからな、深く考え込む必要はない。

女「ボクは一緒に帰っていると思うんだ」

男「そりゃなんで?」

女「クラスが違ってても学校は同じだからね」

 まあそりゃそうだが。

38 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 22:13:37.08 ID:34UtMuzM0

女「大丈夫、中だったらバレないよ」

男「お前なぁ……」

 せっかく普通の会話だったのに。

 一気に積み上げていたものが崩れ去っちまったような感覚だ。

 ヤツは何かをくぐるようなジェスチャーをして、

女「口……あっ、脚の方が良い?」

 と、言うのであった。

100 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 23:53:08.41 ID:6ltCoASyQ

女「機嫌が良いね」

男「負けっぱなしだったからな」

女「ふふっ、勝気に押されちゃったかな」

 机を隔てた対面にいるヤツは。

 唇に人差し指を当て、少し思案したような顔を見せる。

 指を離して、俺を見つめながら、

女「……どうしても言わないとダメかな?」

128 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:43:10.32 ID:SgQ63/wl2

 部屋を出るまでの笑顔は。

 初めて見るくらいに。

 偽物の笑顔だった。

男「……」

 目を閉じると。

 ヤツのその表情ばかりが浮かんだ。

40 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 22:40:07.27 ID:34UtMuzM0

女「というのは置いておいて」

男「なんだ」

 自分から話を変えたくせに。

女「今日、学校が終わったら明日はおやすみだね」

男「そうだな」

女「じゃあ、君の家に集合にしよう」

男「……ん、いつそんな話になった?」

 急展開過ぎる。

48 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:03:46.71 ID:6ltCoASyQ

男「……」

 反応したら負けだ。

 そんな気がして、俺は気にせずに弁当を食べ進めていく。

女「……」

 首が少しだけ横に傾いて、上目遣いになる。

 得意げな笑顔をべったりと貼り付けながら。

男「……」

 不気味だ。

8 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:22:04.55 ID:34UtMuzM0

 大体予想はつくが。

 ここはしらばっくれておく。

女「わかった」

 表情から笑顔を変えずに、ヤツは後ろを向いた。

男「なんだ?」

 チラリとこちらを見ながら、

女「後ろからの方が良いってことだろう?」

 見当外れなことを言いやがる。

125 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:30:54.96 ID:SgQ63/wl2

女「……」

男「……」

女「ごめん、やっぱりやめよう」

 ヤツは立ち上がって、

女「ボクの気の迷いだった」

 「かもしれない」

 と、ヤツは続けて言った。

28 :四八歳:2022/01/08(土) 13:56:30.56

りょうすれあげ

123 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:10:42.94 ID:SgQ63/wl2

女「……そういう、好きだから」

男「……」

 そういう、好き。

女「えっと、ボクらしくないのは百も承知なのだけれど」

 ああ。

 らしくない、しおらしい顔してるぞ。

75 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 15:14:35.96 ID:6ltCoASyQ

女「あはは、面白いね」

男「もっかいだもっかい」

女「うん。じゃあ犬のモノマネもしたし交尾のモノマネでも」

男「こだわるな」

 繋げようとするな、色んな意味で。

 負けると悔しいし、勝てるとスカっとする。

 エロ本のくだりを忘れられるとは全く思えんが。

 それでもまあ、悪くない。

116 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 21:30:22.33 ID:SgQ63/wl2

 わかってる。

 今俺は、他の事を考えてなんとか理性を保っている状態が。

 目の前の考えなければならないことを、完全に拒否している。

 何もこんなタイミングで言う必要はないというか。

 いや、待て。

男「そもそもそんな深い意味は無いんじゃないか……?」

 そうだ、そうに違いない。

 俺だってアイツのことが好きだ。

 それくらいなら、普通に言えるよな。

121 :以下、VIPがお送りします:2022/01/10(月) 22:02:26.69 ID:SgQ63/wl2

男「どういう意味だ」

女「君のことが好きだって意味だよ」

 くそ、同じことしか言わん。

男「それなら俺だって言える、俺だってお前のことが好きだ」

女「ほんと?」

 なんでそんな目をキラキラさせるんだ。

 なんなんだ。

6 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:14:25.99 ID:34UtMuzM0

女「スカートだとどうしても脚が冷えるからね」

男「タイツしてても寒いもんなのか?」

女「そうだね。やっぱり人肌が一番だ」

 と言うと。

 ヤツは俺の前に立ちふさがり。

女「さあ、思いっきりどうぞ」

 と、笑顔で言った。

36 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 21:27:33.63 ID:34UtMuzM0

 会話は続く。

女「今日はお味噌汁がいつも以上に美味しく感じたよ」

男「寒いからな」

女「やっぱり和食は良いね」

男「俺も今日は味噌汁だったな」

女「おや、一緒だね」

 こういう話もする時はする。

63 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 02:16:29.12 ID:6ltCoASyQ

 次の日のことだ。

 部屋に入ってくるなりスタートダッシュ快調だな。

女「それでは早速」

 バフっと。

 俺のベッドに仰向けに倒れた。

男「何が早速だ。降りろ」

女「お前には地べたがお似合いだって!?」

男「言ってねえ!」

50 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 01:08:45.36 ID:6ltCoASyQ

女「君を見てただけだよ」

男「近かったぞ」

女「近い方がよく見えるからね」

 それはそうだが。

男「あんなジロジロ見るなよ」

女「視姦してたのさ」

 うわ、掘り下げなきゃ良かった。

5 :以下、VIPがお送りします:2022/01/08(土) 00:10:11.09 ID:34UtMuzM0

女「いいじゃないか、ボクらは仲が良いんだから」

男「仲が良いからくっついていいルールなんてないんだよ」

女「じゃあ、ボクが君にくっついてはいけないルールもないよね?」

男「……」

 まあ、そうなる。

88 :以下、VIPがお送りします:2022/01/09(日) 21:37:59.17 ID:6ltCoASyQ

男「俺が先攻だ」

女「じゃあボクは後受」

 受けるな。攻めろ。

男「……」

 山札から一枚引き、表にして置く。

 出たのは『11』だ。

 少しホッとしながら、俺は宣言する。

男「『下』」

 もう一枚引いて、表にする。

ニュー速VIPカテゴリの最新記事